聖也の世界を回る旅
世界を旅する事を目標にしてます。 その間の日常や情報を載せていきたいと思います。 現在はグゥアテマラでスペイン語勉強中。もうすぐ、中南米回ります。



今日は、現在私の住んでいる町

Stanthorpeの仕事について
紹介していきたいと思います。


基本概要

人口5000人程度の小さな田舎町です。



昼と夜の寒暖差がエゲツなく

QLDで最も寒いとも言われています。

レコードでは4月の最高気温が30.6度、最低気温が-2.2度!!
(気温差約30度!!)


平均気温は最高と最低がともに、22.1-9.5度です。
(昼は暑く、夜は寒いのです)



この町にはファームジョブをするために来ました。
ブリスベンから大体3時間ほどかかり
林檎が有名な町みたいです。



・ファーム情報

I luv farm

ここは苺ファームで、
ピッキングとパッキングのあるところでした。

男の人はピッキングです。
私の居たときは1トレイ$3で、ピークシーズンとかだと下がるようです。


仕事は朝の5時、日の出と共に仕事を始めて
夕方17時ぐらいに終わると言う過酷なものです。。。

そのわりに稼げないし、腰いたくなる。。。

トローリーと言う台車に乗って座りながら収穫します。

時期的なものと私の腕では、1日30トレイが平均でした。
(マレーシア人とかはその倍取ってたけどね。。。)

最高50トレイやったなー。。
シーズン入れば100トレイとかも全然可能らしいです。
ただレートは$1.8とか。。。

そこのファームは悪評高いところで、
一度朝方に不法滞在者の強制捜査が入りました!
27名強制送還くらってニュースにもなってましたww

そこで一ヶ月半ほど働きました。



ピッキングのコツ!!
そこまでうまい方では無かったのですが、
働く中で見つけたコツ等を紹介していきます。

まずイチゴはつぶれやすいので、優しく扱わなくてはいけません。
少しでも圧がかかると、ブルースと言って青タン
のようになり売り物になりません。
しかし、迅速に刈らないと稼げない。。。

そこで以下のことに気を付けます!

コツ1:苗の束を両手で回すように

探り苺を探します。

(足元見落としやすいので注意)


コツ2:苺を刈るときは指の股に挟んで

手首のスナップをきかせて刈ります。

(両手かつどこの指の間でも切れるのが理想。)


コツ3:両手が一杯になるまで取りつづけて

トレイに移す。

(初めは両手で4,5ずつぐらいまで取って、

それを片手に移して両手がうまるまで取る。)


コツ4:小さいイチゴはかたまっていない

ときは無視する。






Sweet strawberry runners(SSR)

苺の苗をトリミングする仕事なんですが、
たまたまマクドでご飯食べていたら、
説明会してて運よく仕事ゲットしました!!

ここは、Stanthorpeの中で稼げるので有名なとこです。

二交代制で朝と晩に別れます。

朝は3時~13時頃まで。
夜は14時~24時まで。


朝と夜は同じ時間働くので実働8時間程です。

1トレイ$7.15:25本の苗をバンドルで包んで
それを4個(100苗)用意すると完成!

最近では1日30トレイ作れるようになっ
てきたので結構稼げると思います。


こちらは立ち仕事です。
それぞれの台があり、共有のワークスペースに
回転するビンから苗の固まりを落とし一つ一つを枝打ちします。

まず単語紹介
ランナー:根っこらへんからでてる蔓です。
(全て刈り取らないと行けません)

ファイバー:根っこ一本一本の先の細かい根っこ
(これがないものは不可)


苗一つ辺りの基準

葉っぱは基本的に3枚必要
根っこの長さは指の四本分ほど必要



トリミングのコツ!!

コツ1:苗の束を見たときに、

苗の方向性を確認


コツ2:根っこが自分の方を向くように

塊ごと動かす

(あまり混ぜると余計に手間がかかる)


コツ3:根っこの根本を持ち、まっすぐ引き抜く

(ランナーが絡ませている場合は塊ごと振る)


コツ4:引き抜き時に親指と人差し指で

ランナーを折りながら抜く



他にも

カプシカム
ブルーベリー
アップル

などがあるようです。

皆様の声が力になるので、応援よろしくお願いします!
良かったら、1日1ポチを。。。










この記事へのトラックバックURL
http://worldseiya.blog.fc2.com/tb.php/5-b20d0c4f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可